せまい! 

なにか方法があるはずだ
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
ARCHIVES
楽天
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ



自分でどうにかできること / できないこと
何年か前、わたしは今よりも30キロぐらい体重が多く、精神的にもどん底にいました。

そして、部屋は今よりもっとひどい状態でした。掃除をするという習慣もなかったです。朝起きるだとか、同じ時間に同じ事をするという概念がなく、寝たり寝なかったりする生活でした。

当時はメンタルを大幅に崩していたのでしかたない面もあったのですが、ともかく部屋の状態は立派な汚部屋でした。

数ヶ月実家で過ごし、数ヶ月この部屋に戻ってきて、夫との生活に耐えられなくなるとまた実家に戻って……というのを何年も繰り返していたので、このアパートが自分の住所であるという意識も薄かったです。

また、わたしの父からはいつになったらちゃんとしたところに引っ越すのか?というお説教めいた話もなんどかされていたようですが、のらりくらりと躱してきたのか、なんだかんだでずっと同じ住居に住んでいます。





今年の2月ごろ、一念発起して40リットルゴミ袋20袋以上のゴミを捨てました。

そして、図のように、玄関をあけて見える範囲の部分はそこそこ綺麗な状態を保っています。ですが、やっぱり狭いです。

図の色分けは、オレンジがわたしのエリア、ブルーが夫のエリア、紫が共有スペースです。

こうして色を塗ってみて気づきましたが、極端にわたしのものを置く場所が少ないです。まるで夫婦ではなく、男の人の家に転がり込んできた女が、遠慮しいしい少しだけ部屋の片隅を貸してもらっているみたいだな、と思いました。

捨てれば捨てるほど、わたしはこの部屋に執着がなくなっていきます。

布団も、同じ物にもう10年以上寝ていますから、失っても残念だとは思いません。洋服もアクセサリーも「これだけは!」という思い入れのあるものはありません。

ただ、今座っているドレッサー兼普段過ごすデスクとして使っている場所。

ここだけは、自分のスペースとして大切にしています。それから右隣の本棚。500冊近い本を捨てたのでかなりスッキリしています。

もし今災害が起きても、さほど未練なくこの部屋を出られます。





7つの習慣という本を参考に、自分の意思や力でどうにかできることと、できないことを分けてみました。すると、わたしが手を付けられるのはオレンジと紫のエリアです。

だから、トイレ掃除を毎日する、机の上をきれいに、使ったものはすぐに元の位置に戻す。これを淡々と続けてみようと思います。2年ぐらいは続けてきているので、あと1年は続けてみます。

夫はものが捨てられず、衝動買いをしてしまう習慣を変えられないらしく、わたしは彼のお給料を管理していないので彼の預金額などを知りません。おそらく積み立てなどをしたことはないのだろうと思います。そして、そのような話題になると不機嫌になり怒鳴りだすこともあるので「積み立てしたら?貯金したほうがいいんじゃないの?」などとこちらからは言わないようにしています。

いまでも、ゲームやおもちゃなどを衝動的に買ってきては、3日もしないうちに飽きてそこらに起きっぱなしという状態です。つい先日はおもちゃの鉄砲を買って来ました。鉄砲玉を入れるケースまで。

「ダーツのセット買ったけどまったくやってないよね?ギターも弾かないよね?釣りもやらないよね?AKBグッズも箱すらあけてないよね?わたしの棚に進出してきているマンガ、どかすって約束してもう1ヶ月経ったよね?」と、不満が吹き出しそうで、文句泣き言が喉元まで出かかりました。

そして心底がっかりしました。





休日の仕事用として使うと言って購入した横幅1.5メートルの机には、使っていないMacBook、使っていないタブレット、使っていないIllustrator、壊れたHDDレコーダー、2度遊んだだけのボードゲーム、一回もあけていないボードゲーム、今使っているOSではインストール不可能なゲーム。スマートフォンアプリ作成で一発当てるから資料に必要だと言って買った書籍。自己啓発本。ビジネス本。

そして、とても残念でならないのは、ずっと放置してある放送大学の書類です。入学だけして一切勉強しないので、見ているだけでもったいなくて気持ちがグラグラします。切なくてたまらないです。

「そんなお金があるのなら寸足らずのカーテンをまともにしてよ!」
「部屋の電気ぐらい普通の買おうよ!」
「せめてまともな布団に寝ようよ!」

こんな言葉が口をついて出そうになります。

この手のことに対して文句を言うと言い負かされてわたしのほうが泣くか、逆にお説教を受けるか、という会話の流れになり、最悪の場合はわたしのメンタルが大幅に崩れる原因になるので言わないようにしています。

もう何度も同じ流れを繰り返しているので、言えないのです。

欲しいものは、パートしたり、自分の特技を生かした仕事をして買ってきましたが、いまは健康を崩してしまったので、再び行き詰ってきています。防ダニシーツや除湿機を買って、ちょっと仕事を休んだらわたし自身の積み立て貯金は吹っ飛びました。

ただ、ずっとこのままの状態でいるつもりはありません。
物事には順序がある、というのはわかっているつもりですので、まずはオレンジと紫のエリアに集中します。

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ


JUGEMテーマ:掃除


にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ



スポンサーサイト
- | 04:54 | - | - | - |
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ



コメント
from: -   2012/08/28 6:01 AM
管理者の承認待ちコメントです。
from: -   2012/08/28 8:30 AM
管理者の承認待ちコメントです。
from: -   2012/08/28 10:12 AM
管理者の承認待ちコメントです。
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.